千葉などで葬儀を行う場合、一般的な葬儀だと100万円以上かかってしまうというケースもあります。故人の遺志や残された家族の希望などによりもっと簡素に、故人を本当に偲ぶ人だけで葬儀を行いたいという場合に選択されているのが家族葬です。

家族葬とはどんなものをいうのか

家族葬は損じの通り、家族だけで葬儀を行うことです。この「家族」という単位は家庭によって違います。一緒に住んでいた家族だけで行ったり、家族というわけではないけれど故人と深い付き合いがあった友人を葬儀に呼ぶということもあり、ごく限られた人だけで行われる葬儀になります。通常、葬儀は親戚だったり、仕事上の付き合いがあった人も参列しますので、何十人という人がやってきます。しかしその中には付き合いだから、特に親しくもなかったけれど親の葬儀に来てもらったから、というような理由で葬儀に参列する人も多く、本当に故人を偲んでいるとは言えません。本当に故人を偲ぶ人だけで葬儀を行うことができるのが家族葬の大きなメリットでもあります。

家族葬を選択するメリット

家族葬を選択するメリットは、第一に故人との別れの時間をゆっくりと取れることです。一般的な葬儀では次々に人が弔問に訪れたり、多くの人が訪れる葬儀に対応するための準備が必要になるので遺された家族は故人とゆっくりとお別れをする時間を持つこともままなりません。家族葬は葬儀に参列する人が少人数だからこそ、故人と別れの時間をゆっくりと取ることができます。もう1つのメリットは、金銭的な負担が少ないということです。千葉などの葬儀会社のプランにもよりますが10万円程度から行うことができる家族葬もありますので、一般的な葬儀のようにあれもこれもとオプションをつけてしまい、高額になるということがありません。金銭的に苦しいという家庭でも家族葬を選択されることがあります。

注意しておくことは?

千葉などで家族葬を行う時に注意しておきたいことは、親戚や近所への根回しです。やはり古来から親戚や近所の人が葬儀に参列するというのは当たり前の風景だったので、急に「家族だけで行いたい」と伝えても反対される可能性があります。また、ひっそりと家族葬をやってしまおうとすると、近所の人などに見られて「葬儀があることを聞いていない」ということがトラブルになる可能性があります。事前に家族葬を行うということをそれとなく言っておいたり、後日お別れの会を設けるなどして親戚や近所とのトラブルがおこならないような配慮をしておくことも大切になります。また、その際にはお香典を断るようにするなど、家族に統一のルールを決めておくこともトラブルを避けるためには必要になります。

返礼品に関しましては質に拘りながら様々な品物をご用意させて頂いております。 当社は県内に10カ所の直営式場を運営している為、式場のフォロー体制も万全です。 生花祭壇に関しましては今までの実例の写真を分かりやすいよう掲載させて頂いておりますので是非ご参考にして下さい。 実際に当社をご利用くださったお客様からの声を掲載させて頂いております。 千葉県の【昭和セレモニー】で家族葬をサポート致します