家族葬のメリットとは?!

千葉の家族葬は、家族や親しい友人などだけを集め、故人を見送る小規模のお葬式です。多くの人を呼ぶ通常のお葬式ではなく、家族葬が選ばれる場合のメリットは何なのでしょうか。たくさんのメリットがありますが、その中の3つを紹介します。

アットホームな雰囲気!

葬式というと、堅苦しいイメージがあるでしょう。しかし家族葬は堅苦しさが軽減され、アットホームな雰囲気になります。たくさんの人が集まる葬式の場合、亡くなった人への悲しみを親しかった人と共有しにくい状況になります。しかし千葉で行う家族葬であれば、故人と生前親しかった人たちと悲しみを共有し、思い出話などをたくさんすることも出来ます。亡くなる前に、自分の死期に勘づき、葬式の形を家族葬にして欲しいと家族に伝えておく人も増えている傾向があります。あまり付き合いのない人たちに囲まれて送られるよりも、家族や仲の良かった人だけに送ってほしいという気持ちからなのです。形だけではなく心から悲しみ別れを惜しむように送られた方が嬉しいですよね。

余計な出費を抑えられる!

千葉などで家族葬の場合、盛大な葬式よりもコストが抑えられます。盛大な葬式や多くの人を呼んで行う葬式の場合、祭壇を豪華にしなければいけないので、生花を使用する量が多くなり出費がかさみます。また、会葬者への香典返し通夜振る舞いや精進落としという食事の用意にもお金が必要になります。家族葬の場合は祭壇をさほど豪華にしなくても良いので、生花の使用本数が少なく費用が抑えられます。通夜振る舞いや精進落としの食事も、家族だけであれば豪華にしなくても良いですし、親しい人を呼ぶ場合も、少し豪華にしても数が少ないので、どちらにしろ費用が高くなりません。故人が保険に入っていなかったり、貯金や財産が無い場合、家族が葬儀関係の費用をすべて負担しなければいけないため、出来るだけ費用を抑えられた方が良いでしょう。

故人とゆっくりお別れできる!

会葬者が多いと対応に追われるため、あっという間にお別れの時間が来てしまったり、悲しんでいる暇もなくお別れとなってしまうでしょう。せっかくの最後の個人との時間を、ゆっくりと行うためには家族葬がおすすめなのです。家族葬であれば、対応に追われることもなく、全員が悲しみ別れを惜しんでいる状態なので、最後まで故人の側に居られます。また、対応していると精神的に落ち込んでいる状態に拍車をかけるように気疲れしてしまいます。精神的に落ち込み、体調を崩しやすい状態にもなっていますし、出来るだけ気疲れしない家族葬が良いといえます。故人との別れをさいごまでゆっくりと行えると、葬儀が終わった時にもう少し近くにいれば良かったなどといった後悔をせずに済むでしょう。