家族葬のメリットとデメリット

最近は家族のみで葬儀を行う家族葬が人気を上げてきています。これは、様々なメリットがある葬儀スタイルの一つなのですが、もちろんデメリットもあります。メリットとデメリットを把握した上で自分たちに合うかどうかを判断しなければいけませんね。

総費用が安く済むのがメリット

家族葬のメリットの一つが、とにかく費用が安く済ませられるという点にあることは間違いがないでしょう。参加人数が少ないということは、それだけシンプルな葬儀ができるということです。安い場合は数万円からで大丈夫ですから、お金がない場合には大変有効な手段となります。また、時間がかからないという点も大きいのではないでしょうか。大げさな葬儀をするとなると準備だけでも大変ですし、後片付けも大変です。コストも労力も時間もすべてが大幅にカットできる点が、千葉で家族葬を行う魅力でしょう。最近の若い人はお金がありませんから、やむなくこうしたシンプルな葬儀を選択するケースも出てきています。もちろん、シンプルだからといって何が悪いということもありません。葬儀としてはごく普通のことですし、故人をきちんと見送ることができます。

知人や親族に家族葬だと周知するのが少し面倒

知人や親族の中には、葬儀に参列をしたいという人も出てくることでしょう。千葉で家族葬を行う場合は、そうした人たちに来てもらうわけにはいきません。家族のみで葬儀を行うことがすでに決定していて、葬儀会社もその方向性で動いています。家族葬なのに家族以外の人がたくさん来てしまうと収集がつかなくなってしまいます。ですから、家族葬をする場合には、知人や親族の全員に対してきちんと家族葬なので参列を拒否する旨のお知らせを送付しなければなりません。これが少し面倒なのがデメリットでしょうか。お知らせを送付するだけでもかなりの労力になりますし、コストもかかってしまいます。葬儀の前というのは忙しくて時間がないものですが、その間に家族葬をすることを周知するのは難しいです。

家族葬は自由葬と言われるぐらい自由度が高いのが魅力

家族葬は、自由葬とも呼ばれています。コンパクトな葬儀全般を指す言葉であって、特定の宗教に括られるものではありません。ですから、割と自由な葬儀にできる点がメリットでしょう。場所も特に問うことがありません。遺族の意向で、自宅で葬儀をすることもできますし、もちろん千葉などでも大丈夫です。葬儀のスタイルもいろいろな中から選べます。人によっては昔ながらの葬儀は嫌なのでパーティーのような形式にしたいということもありますが、そうした意向もきちんと汲み取ってくれます。直葬といって、葬儀をまったく何もせずにそのまま火葬場へ行って遺体を火葬するということすらできるのです。無宗教形式でも大丈夫ですし、その点では現代の若者にも最適だといえそうです。