突然の事でも慌てない、家族葬で準備すること

訃報はいつどこで入るのかわかりません。突然のことで慌ててしまい、ついつい対応や準備が疎かになる場合があります。後悔しない家族葬にするためにも、事前に家族と話し合い、しっかり故人を送れるようにしましょう。

事前にどんな準備をすればいいのか

千葉で行う家族葬のイメージは、住んでいる家族だけで葬儀をする場合や遺族と親しい人までなど考え方はそれぞれです。そのため、一番良いのは生前どうすればいいのか話し合うことは大切です。どこまで呼んでほしい、親しいあの人を呼びたいなど考え方もそれそれ違います。また、住んでいる家族だけで厳かに行いたい場合は、それ以外の親族や故人の知人や近所の人へ知らせる必要があります。また知らせる場合も、どこまでに知らせていいのかも話し合う必要があります。また。お知らせの文章を送る場合で参列だけではなくお香典や供花を辞退する場合も、きちんとハガキでお知らせをすれば、先方にも親切なので細かいこともきっちり伝えましょう。

どこの葬儀会社で行うべきか

同じプランで家族葬を行うが、千葉などの葬儀会社によっては、サービス内容も金額も行うやり方も全く異なる場合があります。そんなときは事前に複数の葬儀会社でプランを出してもらい、検討をしましょう。中にはプランの中で返礼品やお料理の金額やサービス内容などを細かく記載されておらず、いざ葬儀が終わって請求書を見ると高額な請求にびっくりする方も中にはいます。会社によって家族葬プランと言うものがありますが、こちらもサービス内容は異なり、プラン外のサービスも存在します。インターネットでの口コミの他にも隣近所の情報、病院で葬儀会社を紹介してくれる場合があります。事前にどこの葬儀会社にするか決めておけば、何かあったときもスムーズです。

参列者への配慮はどうするべきか

突然の訃報は、家族だけではなく近所の方や親せきの方もびっくりし、慌てることがあります。千葉などで家族葬を希望している場合、訃報の知らせとともに家族葬のため参列お断りのお知らせをすると良いでしょう。さらにお香典や供花を辞退する場合にも、お知らせとともに伝えると、細かい情報を相手も知ることができるので、お互い慌てることがありません。葬儀後に自宅へきて挨拶へくる方がいますので、その場合もお焼香や香典を辞退させてほしい場合、必ず事前に連絡をします。自宅へ来てからお断りをすると、トラブルになるので注意です。また自宅へ挨拶に来られた際にお香典を受け取った場合はお返しを必ずする必要があるので、その際は四十九日法要が終わってから、速やかに返礼品を挨拶状と共に送りましょう。